米ぬか酵素風呂 桧

からだを整える温熱美容健康法 完全固執本格米ぬか酵素風呂 桧(大阪府和泉市)

ホーム   アクセス
ホーム 米ぬか酵素風呂 桧 酵素風呂とは 入浴の方法 料金のご案内 よくある質問



お客様からいただいた大切な感想をご紹介!

LINK
facebook

ごち弁当



  SPC 米ぬか酵素風呂 桧 について

米ぬか酵素風呂とは、米ぬかと酵素を合わせたお風呂に身体をうずめる熱浴です。
サウナや岩盤浴にはない、酵素浴独特の温熱体験をして頂けます。
自然発熱する酵素に肩から足先まで埋まることにより、血行を促進し、新陳代謝が活発になります。
その発汗作用はマラソンで15キロ、エアロビクスで2時間の運動を行うのとほぼ同様の効果があり、人間が本来持っている自然治癒力を高める効果もあります。
慢性的な疾病の場合は、ある程度続けて入酵されると効果的です。
また、リラックス効果や美肌効果なども実感できます




米ぬか酵素浴の桶は、パウダー状のサラサラな脱脂米ぬか(生ぬかより米油を抽出した残りの固形分)で満たされています。
そこに水と空気(酸素)を混ぜることで、生息している無数の微生物(好気性バクテリア)が我々人間同様、米ぬかの灰白質とミネラルを食べ、水を飲み、酸素を呼吸し、分裂と増殖を繰り返すことで、全体が65度くらいまで上昇しています。

※ 65度のお風呂のお湯には熱すぎてとても入れませんが、米ぬか酵素浴では、空気が混じった細かい粒子のパウダー状で皮膚に密着しないため、体感温度は43度程度です。




酵素とは、健康を維持する為に生体内で働いています。
体の中には、2万種類以上の酵素が存在し、タンパク質と結合した形で存在し、酵素自体は変化することなく、作用する物質を変化させる、いわゆる触媒の働きを担っています。
酵素には、摂取した食品を吸収しやすい形に分解する『消化酵素』と、吸収した栄養素を各細胞に必要な形に変えて届ける『代謝酵素』があります。
食べ物を消化して栄養素に分解する、毒素を排出する、内臓や骨の細胞を補修する・・・など、健康な体を維持するために大切なものなのです。
酵素は一生に作られる量に限りがあり、その酵素の消費を無駄遣いすることなく生活することが大事です。
また、加齢とともに酵素自身の能力が低下してきますので、ビタミンやミネラル補給と同様に酵素の働きを補助する事が必要になります。
酵素には働きやすい環境というものがあります。
人間の体内にいる酵素にとっては温度37〜39度が絶好の環境。つまり体温が高めのときによく働くということです。




野菜

果物



【米糠酵素風呂 桧】 〒594-0071 大阪府和泉市府中町7丁目5-52


Copyright c 2014 米糠酵素風呂 桧 All Rights Reserved.